よくある質問

よくある質問はこちら


A正社員・技能実習生等、様々な受け入れ方法があります。日本の法律も日々変わっています。過去にとらわれず最新情報を入手ください。

A勤務先に近い社宅や寮を準備していただけるのが望ましいです。食事はほぼ全員が自炊可能なので、大丈夫です。

A来日時から生活可能な家具家電付きの住居と印鑑(銀行口座開設時に必要)の準備をお願いして おります。

A弊社では、東京事務所のミャンマー人スタッフが来日時の必要な手続きから、継続的にヒヤ リング・フォローを行っております。

A10ヶ月間でN3相当まで勉強しますので、日本人と会話ができるレベルで来日します。

Aありません。教えたことには素直に受けて頑張ります。しかし、自分で考えて行動すること は苦手です。

J-TECの介護トレーニング生は、6ヶ月の日本語教育をうけなければなりません。 毎年、J-TEC生徒がN4日本語能力試験または、N4 (NAT-TEST) に合格しております。 日本語能力試験合格者には、介護教育、介護の実務訓練、日本語での対話介助訓練などを受けさせております。

ミャンマーへの入国にはビザ(査証)またはe-VISA(電子査証)が必要です。 ビザ取得に関する書類準備やビザ代行申請サービスもJ-Tecが用意しており、そのうえ、 航空券、空港送迎車手配、ホテル予約や通訳のサービスも行っています。

日本語教育の一環として日本人の行動様式や生き方、習慣や 気候などを教えております。

現在の最低賃金の日額は2018年5月に決定されたのは4,800Ksでした。最低賃金法によると、最低賃金は2年に1回改定されることになっているため、2020年5月までに最低賃金が改定がされます。

皆の日本語、丸ごととJ-TECの先生達がいろいろな工夫をした独自の教科書を使て教育をしております。

ミャンマーは仏教国であり、信仰心の厚い人が多くて穏やかな性格の人が多いと言われています。 そして、若い労働力が豊富である国です。

USドル、ユーロ、日本円、シンガポールドル、マレーシアリンギット、タイバーツ等の通貨はミャンマーで両替出来ます。

ミャンマーで日本円を両替出来る両替店が多くない為、ドルにしたほうがいいと思います。

J-Tecでは、面接を開催する場所として利用できる綺麗な会場があります。 プライベートな会話をするのにぴったりな空間で、ホワイトボードや電源を完備してあります。 エアコン付けでWifi出来る会場です。